Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子力損害賠償の請求書を紛失 - 東電

東京電力ホールディングスは、福島復興本社の郡山補償相談センターにおいて、原子力損害賠償の請求書3通が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、請求者から預かった原子力損害賠償の請求書3通を紛失したもの。いずれも証憑書類など含む「農業に係る営業損害賠償の請求書」の一式で、請求者の氏名、住所、生年月日、口座番号、賠償請求金額などが記載されていた。

11月24日、請求者から処理状況について問い合わせがあり、確認したところ1通の紛失が判明。これを受けてセンター内を調査したところ。同月29日に別の2通についても紛失していることが発覚した。

同社では、請求書の取り扱いルールが徹底されていなかったことや、預かった請求書をセンター内で授受する際の確認が不十分だったと説明。警察に届けるとともに、対象となる請求者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
福島第一原発事故の賠償関連書類をごみ箱に廃棄、一部所在不明に - 東電委託先
敦賀原発の原子力関連情報含む業務資料を紛失 - 日本原電
原発の工事用図面含むUSBメモリを紛失 - 日立プラントテクノロジー
ファイル共有ソフトで原発情報がネット流出 - 日本原電
原子力発電の設計データ入りハードディスクが盗難 - 東芝
原発情報がファイル共有ソフト経由でネット流出 - 東北電力の子会社
原発内のパソコン盗難で管理徹底求める - 原子力安全・保安院
福島第2原発内でノートPC盗難 - 機微情報は含まれず