Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データ漏洩、報告は「努力義務」で不要な場合も - 個人情報保護委がパブコメ実施

さらに「実質的に外部へ漏洩していない」と判断される場合、報告を不要とした。具体的な例として、「高度な暗号化による秘匿化」「第三者に閲覧されずに回収」「事業者以外で特定個人の識別が難しい場合」「滅失、毀損のため閲覧が合理的に予想されない場合」などを挙げている。

くわえて宛名や送信者名以外の個人データを含まない「ファックス、メールの誤送信」「誤配達」など軽微な事故についても除外するとした。

意見の提出期限は2017年1月6日。電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォーム、郵送、ファックス、メールで受け付ける。

20161212_pp_001.jpg
パブリックコメント案の概要

(Security NEXT - 2016/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
「ハローページ」が終了、個人情報保護への意識高まりなど影響
コロナ対応医療機関における個人情報の取り扱いで考え方 - 個情委
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
不要個人データ、流出防止のためにも消去を - 個情委が注意喚起