Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、重要インフラの分野横断的な演習を実施 - 約2000人が参加

政府は、都内で政府機関や重要インフラの関係者を対象に、障害対策の分野横断的な演習を開催した。約2000人が参加したという。

同演習は、IT障害の発生を想定し、情報共有や連携体制などを確認するため、2006年より毎年実施しているもの。今回で11回目を迎えた。

情報通信、金融、航空、鉄道、エネルギー、行政サービス、医療、水道、科学など13分野の重要インフラ事業者の関係者をはじめ、内閣サイバーセキュリティセンター、各重要インフラの関連省庁など、見学を含め総勢2080名が参加。最新のシナリオをもとに演習を行った。

演習は2部構成で実施。比較的影響が小さい障害を想定した演習では、判断や意志決定、情報共有などの体制について確認。また事業継続へ影響を与えるよう障害についても演習を行い、情報共有体制などの手順などを検証した。

(Security NEXT - 2016/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
政府「サイバーセキュリティ2017案」で意見募集 - セキュリティ重視の経営を促進
ウクライナ電力網を襲ったマルウェア「CrashOverride」 - 幅広い制御システムに攻撃対象に
IPA、脆弱性情報共有のガイドラインを改訂 - 重要インフラ事業者への優先提供で要件を明文化
三菱電機、制御システムへの攻撃をリアルタイムに検知する新技術
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究
重要インフラセキュリティ対策の第4次行動計画が決定 - パブコメに意見20件
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
制御システム向け「FortiGate Rugged」に新モデル - 寒暖差激しい環境にも対応