Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で誤って作製した成績資料を紛失 - 宇治市

京都府宇治市の市立中学校において、誤って作製した生徒の成績評価が記載された書類を、教諭が紛失したことがわかった。

同市によれば、12月1日夜に教諭が誤って作成したB4サイズ2枚の成績資料を手で8枚に破ってポケットに入れたが、その後紛失したもの。翌2日朝に別の職員が校庭の防球ネットに引っかかっている一部を発見。7枚を回収したが残り1枚が見つかっていない。

紛失した資料には、3年生50人分の氏名と社会科の成績が記載されていた。同校では対象となる生徒の家庭訪問を行い謝罪。また、保護者を対象とした説明会を開催する。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生