Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で誤って作製した成績資料を紛失 - 宇治市

京都府宇治市の市立中学校において、誤って作製した生徒の成績評価が記載された書類を、教諭が紛失したことがわかった。

同市によれば、12月1日夜に教諭が誤って作成したB4サイズ2枚の成績資料を手で8枚に破ってポケットに入れたが、その後紛失したもの。翌2日朝に別の職員が校庭の防球ネットに引っかかっている一部を発見。7枚を回収したが残り1枚が見つかっていない。

紛失した資料には、3年生50人分の氏名と社会科の成績が記載されていた。同校では対象となる生徒の家庭訪問を行い謝罪。また、保護者を対象とした説明会を開催する。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
児童向けイベントの連絡メールで誤送信 - 神戸市
林間学校で個人情報を紛失、拾得者からの連絡で判明 - 大阪市
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専