Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカード交付の遅延が解消 - 今後は1カ月以内目安に発送

マイナンバーカード交付通知書の送付が、申請より時間を要していた問題で、総務省はすべての自治体で問題が解消し、今後は申請から1カ月以内を目安に届けることが可能になったと発表した。

同省によれば、6月末の時点で全1741の市区町村において、27.2%で送付の滞留が発生していたが、翌7月末には5.7%に縮小。その後も改善が進み、10月31日までにJ-LISから自治体へ届けたマイナンバーカードの交付通知書については、11月末の時点ですべて申請者宛てに送られたことを確認したという。

今後、マイナンバーカードを申請した場合、交付通知書を発送するまでの標準的な期間は、おおむね1カ月以内になるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
埼玉県内6自治体のマイナンバー、違法に再委託
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託