Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数が倍増するも低水準 - LINEやゲーム関連も影響

11月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は250件となり、前月から倍増した。

フィッシング報告件数の推移(画像:フィ対協)
フィッシング報告件数の推移(画像:フィ対協)

同協議会によると、11月に寄せられたフィッシングの報告件数は250件。10月は126件と37カ月ぶりに200件を下回ったが、11月は一転前月から倍増した。

2016年前半には一時3000件に迫る勢いも見せたが、4月以降は1000件以下で推移。以降も増減があるものの減少基調で、11月は前月から高い増加率を示したものの、直近1年で見ると低い水準状況だった。

今回報告数が増加した背景には、オンラインゲームを狙ったフィッシングが増加して報告全体の4分の1を占めたことや、LINEをかたるあらたなフィッシングサイトが見つかったことなどがあるという。

また大学のメールシステムを狙い、メールアカウントのアップグレードが必要と称してIDとパスワードを窃取しようとするフィッシングが確認されており、今後も同様の攻撃が発生する可能性があるとして、同協議会では注意を促している。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は、前月を77件下回り159件だった。一方、悪用されたブランド件数は22件で、前月から7件増加している。

(Security NEXT - 2016/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発