Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー製ネットワークカメラ2機種に複数の脆弱性

アイ・オー・データ機器のネットワークカメラに、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が明らかとなったのは、「TS-WRLP」「TS‒WRLA」の2機種。バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2016-7820」や、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2016-7819」が含まれているという。ただし、脆弱性の悪用には製品へログインする必要がある。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。アイ・オー・データ機器では脆弱性を修正したファームウェア「バージョン1.02.03」を公開しており、同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バッファロー製のネットワークカメラに6件の脆弱性 - アップデートがリリース
攻撃者視点で自動車の脆弱性を検査 - ネットエージェント
ベリサーブ、「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」を提供
ウェブレッジ、IoTシステムに特化した脆弱性診断サービス
アズジェント、イスラエル製のIoT機器向け組込セキュリティソフトを取扱開始
日本年金機構が提供する複数プログラムのインストーラに脆弱性
ソニーの業務用ネットワークカメラに脆弱性 - システム権限奪取されるおそれ
「kintone mobile for Android」に脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「シンプル携帯チャット」にXSSの脆弱性 - 開発中止のため利用停止を
「ntp」脆弱性の実証コードが公開、単一パケットでサービス停止