Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー製ネットワークカメラ2機種に複数の脆弱性

アイ・オー・データ機器のネットワークカメラに、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が明らかとなったのは、「TS-WRLP」「TS‒WRLA」の2機種。バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2016-7820」や、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2016-7819」が含まれているという。ただし、脆弱性の悪用には製品へログインする必要がある。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。アイ・オー・データ機器では脆弱性を修正したファームウェア「バージョン1.02.03」を公開しており、同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイボウズガルーン」にSQLiなど7件の脆弱性 - 修正版へ更新を
「Logic Pro X」がアップデート、脆弱性を修正
MS、定例外の修正パッチを急遽リリース - Adobe Flash Playerの脆弱性に対処
OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を
脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも
延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS
OpenSSLにセキュリティアップデート - 重要度「高」の脆弱性を修正
Adobeのマーケティングツールに2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Brooklyn」に2件の脆弱性 - 修正版が公開