Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルネサスとESCRYPT、車載ECU向けのセキュリティソリューション

ルネサスエレクトロニクスと独ESCRYPTは、自動車用の電子制御ユニット(ECU)に必要なセキュリティを提供するハードウェアとソフトウェアの統合ソリューション開発で協業すると発表した。

同ソリューションは、ルネサスの車載用マイコン「RH850/P1x-Cシリーズ」と、ESCRYPTのセキュリティソフトウェア「CycurHSM」を組み合わせて実現したもの。

「RH850/P1x-Cシリーズ」は、秘密鍵と公開鍵暗号方式に基づいたセキュリティ機能を提供するセキュリティモジュール「ICU-M」を搭載。「CycurHSM」により、「SHE/SHE+(Secure Hardware Extension)」規格の要求する機能にくわえ、フラッシュ書き込みやECU間の通信においてセキュリティ機能を提供するという。

また車載ソフトウェアの標準仕様である「AUTOSAR」に準拠。既存の「AUTOSAR」アプリケーションに対応したセキュリティソフトウェアの開発を、簡単な設定のみで行うことができるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
損ジャ日興、コネクテッドカー向けに特約 - 不正アクセスによる事故へ対応
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
日本ラッド、ルネサス製セキュアマイコンのミドルウェアを開発