Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作ミスで顧客メアドリストを誤って送信 - ソフト開発会社

システム開発や販売を手がけるシステムコンサルタントは、メール配信時のミスにより、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、11月14日9時過ぎに配信したメールにおいて、操作ミスにより顧客1万3011人分のメールアドレスリストを本文として誤って送信してしまったもの。配信中にミスへ気が付き、配信プログラムを強制終了したが、1016件のメールアドレス宛に送信されてしまったという。

同社では、関係官庁に事故について報告。メールの配信対象者に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。またシステムにおける承認機能の強化を図るなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大
顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ
メール誤送信、発覚おそれて職員が関連メールを削除 - 川崎市
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託
メールによる個人情報流出、原因はDB編集ミス - 阪神タイガース
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬