Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISMS認証の取得組織が5000件を突破

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISMS適合性評価制度の認証取得組織が5000件を超えたと発表した。

ISMSは、組織が情報資産のセキュリティに関してリスク分析を行い、必要なセキュリティレベルを決め、作成したプランをもとに運用するマネジメントシステム。「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」を認証基準としており、第三者認証制度として2002年4月よりISMS適合性評価制度が運用されている。

今回、2016年第3四半期を終えた時点で同制度における認証取得組織が5002件となり、5000件の大台を突破したもの。4000件を突破した2010年より約6年で1000件の増加となった。

20161125_jp_001.jpg
認証取得組織数の推移(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2016/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃 - 「72時間以内にアカウント停止」と不安煽る
パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明