Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISMS認証の取得組織が5000件を突破

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISMS適合性評価制度の認証取得組織が5000件を超えたと発表した。

ISMSは、組織が情報資産のセキュリティに関してリスク分析を行い、必要なセキュリティレベルを決め、作成したプランをもとに運用するマネジメントシステム。「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」を認証基準としており、第三者認証制度として2002年4月よりISMS適合性評価制度が運用されている。

今回、2016年第3四半期を終えた時点で同制度における認証取得組織が5002件となり、5000件の大台を突破したもの。4000件を突破した2010年より約6年で1000件の増加となった。

20161125_jp_001.jpg
認証取得組織数の推移(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2016/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開