Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISMS認証の取得組織が5000件を突破

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISMS適合性評価制度の認証取得組織が5000件を超えたと発表した。

ISMSは、組織が情報資産のセキュリティに関してリスク分析を行い、必要なセキュリティレベルを決め、作成したプランをもとに運用するマネジメントシステム。「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」を認証基準としており、第三者認証制度として2002年4月よりISMS適合性評価制度が運用されている。

今回、2016年第3四半期を終えた時点で同制度における認証取得組織が5002件となり、5000件の大台を突破したもの。4000件を突破した2010年より約6年で1000件の増加となった。

20161125_jp_001.jpg
認証取得組織数の推移(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2016/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
「Apache HTTP Server 2.4.39」が公開 - 脆弱性6件を修正
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
「VMware ESXi」など3製品に複数の深刻な脆弱性