Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソン会員向けサイトでポイント不正利用被害 - パスワードリスト攻撃が原因か

ローソンの会員向けサイトにおいて、本来の利用者ではない第三者によって不正にログインされ、ポイントが不正に利用される被害が発生している。同社は、利用者へパスワードの変更を依頼した。

20161121_la_001.jpg
不正ログインが発生したことを明らかにしたローソン

同社によれば、会員向けサイトにおいて、第三者が本人になりすましてログインを行う「不正ログイン」の被害が2016年9月末ごろより多発しているという。

同社では不正アクセスを検知した場合にアクセスを遮断するなど対策を講じているが、「ローソンフレッシュサイト」では、「Pontaポイント」が不正に使用される被害が3件発生。18万4414円分の被害が生じた。

これら不正ログインの被害が発生した原因について、攻撃者が同社以外から入手した「ID」と「パスワード」を用いてログインを試行する「パスワードリスト攻撃」であると同社は説明している。

今回の問題を受け、同社では関連サイト「ローソンフレッシュ」「ローチケHMV}「ローソントラベル」「USEN550ch×HMV」の全利用者に対し、パスワードの再設定を順次依頼していく。

(Security NEXT - 2016/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房