Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Trend Micro CTF 2016」、台湾チームが優勝

セキュリティに関する技量を競う「Trend Micro CTF 2016」の決勝戦が11月19日、20日に都内で開催された。

同大会は、トレンドマイクロが2015年より開催しているCTFで、今回で2回目。前回はアジア太平洋地域を対象に実施したが、今回はワールドワイドに展開。7月30日、31日に実施したクイズ形式の予選には、79の国や地域から952チーム、1626名が参加した。

11月19日、20日の決勝では、上位10チームが攻防戦形式により得点を競い、台湾から参加したチーム「217」が7320点を獲得し、他チームに大きな差をつけて優勝。賞金100万円のほか、「HITCON CTF FINAL 2016」の出場権を獲得した。ポーランドの「p4(5380点)」やロシアの「Bushwhackers(3780点)」が2位、3位に続いた。

決勝の結果は以下のとおり。

1位:217(台湾)
2位:p4(ポーランド)
3位:Bushwhackers(ロシア)
4位:BatmansKitchen(米国)
5位:CyKor(韓国)
6位:PwnThyBytes(ルーマニア)
7位:jr.Reverselab(韓国)
8位:TokyoWesterns(日本)
9位:team bob(韓国)
10位:dcua(韓国)

(Security NEXT - 2016/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア