Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知マルウェアのダウンロード、前年の9倍超に - チェック・ポイント調査

従業員によるダウンロードが原因で、未知のマルウェアに関するダウンロード件数が1年で約9倍に増加したとの調査結果を、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが取りまとめた。

同社が、世界で稼働している2万5000台以上の同社セキュリティゲートウェイにおける検知状況を分析。企業に影響を与えたマルウェアや攻撃の傾向などを取りまとめたもの。

企業を標的とした未知のマルウェアのダウンロード件数は1時間あたり970件。前年の106件から約9倍へと増加。おもな原因は従業員によるダウンロードで、4秒に1回のペースで未知のマルウェアがダウンロードされているという。また同社において1カ月に捕捉された新種のマルウェアは約1200万件に上ったという。

(Security NEXT - 2016/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強