Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知マルウェアのダウンロード、前年の9倍超に - チェック・ポイント調査

従業員によるダウンロードが原因で、未知のマルウェアに関するダウンロード件数が1年で約9倍に増加したとの調査結果を、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが取りまとめた。

同社が、世界で稼働している2万5000台以上の同社セキュリティゲートウェイにおける検知状況を分析。企業に影響を与えたマルウェアや攻撃の傾向などを取りまとめたもの。

企業を標的とした未知のマルウェアのダウンロード件数は1時間あたり970件。前年の106件から約9倍へと増加。おもな原因は従業員によるダウンロードで、4秒に1回のペースで未知のマルウェアがダウンロードされているという。また同社において1カ月に捕捉された新種のマルウェアは約1200万件に上ったという。

(Security NEXT - 2016/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に