Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティを自己評価できる無償ツール「J-CLICS」

JPCERTコーディネーションセンターは、制御システムのセキュリティ対策状況を自己評価するためのツール「J-CLICS」を公開した。

「J-CLICS」は、セキュリティ対策の立案や実施を支援するための無償ツール。制御システムの構築や運用、保守などを行う関係者の利用が想定されている。セキュリティ対策状況を把握するための「チェックリスト」とチェックリストより取り組むべき具体的な対策を説明した「設問項目ガイド」を収録した。

制御システムの全関係者を対象者とした「設問項目ガイドSTEP1」と、制御システム技術担当者や管理者を対象にした「設問項目ガイドSTEP2」を用意しており、同センターのウェブサイトよりダウンロードすることができる。また英語版の準備も進めており、近日中に公開する予定だという。

(Security NEXT - 2016/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究