Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SonicWallがDell傘下より独立 - パートナー戦略を強化

20161111_sw_001.jpg

株式投資会社であるFrancisco PartnersとElliott Managementは、Dell Softwareグループを買収し、SonicWallの独立を発表した。

社長兼CEOには、Silent CircleやEntrustのCEO、Data Networksの社長などを務めたBill Conner氏が就任。今回のスピンアウトにより、「SonicWallブランド」を掲げて事業の拡大を目指す。

同社は、ワールドワイドで40カ国に顧客とチャネルパートナーを持ち、新規パートナーが対前年度比で20%増加するなど好調をアピール。さらなるチャネルパートナー向けのプログラムの強化なども図っている。またDell EMCでは、SonicWall製品の取り扱いを引き続き行っていくという。

(Security NEXT - 2016/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
VMware、Carbon Blackの買収で合意
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収