Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、新ブランドでセキュリティ事業を強化 - 1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスも

20161102_ii_002.jpg

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、あらたなセキュリティ事業ブランド「wizSafe」を発表した。セキュリティ関連サービスの統合を図り、セキュリティ事業を強化する。

同社では、これまで提供してきたセキュリティ関連サービスを統合。さらにバックボーントラフィックやDNS、各種サービスのログを活用した分析基盤の構築し、あらたにSOCサービスを展開するなど、新ブランドのもと、セキュリティ事業へ注力していく。

今後は、1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスや、ウェブへのアクセス環境を分離するアイソレーションソリューションを2017年1月に投入するほか、情報分析基盤で得られたDNS情報を活用したマルウェア対策を2017年度中に開始する予定。

20161102_ii_001.jpg
サービス概要(図:IIJ)

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増