Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、新ブランドでセキュリティ事業を強化 - 1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスも

20161102_ii_002.jpg

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、あらたなセキュリティ事業ブランド「wizSafe」を発表した。セキュリティ関連サービスの統合を図り、セキュリティ事業を強化する。

同社では、これまで提供してきたセキュリティ関連サービスを統合。さらにバックボーントラフィックやDNS、各種サービスのログを活用した分析基盤の構築し、あらたにSOCサービスを展開するなど、新ブランドのもと、セキュリティ事業へ注力していく。

今後は、1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスや、ウェブへのアクセス環境を分離するアイソレーションソリューションを2017年1月に投入するほか、情報分析基盤で得られたDNS情報を活用したマルウェア対策を2017年度中に開始する予定。

20161102_ii_001.jpg
サービス概要(図:IIJ)

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
2019年第3四半期、クレカ不正使用被害は68億円
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
登録セキスペ制度が一部改正 - 3年更新を必須に
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社