Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、オーストリアにインフォセック子会社を設立 - 監視拠点を拡充

NECは、グループ企業であるインフォセックの子会社として、オーストリアにInfosec Austriaを設立し、監視拠点を拡充した。

NECでは、ネットワークやウェブサイトのセキュリティ監視サービスを提供しており、今回時差のある拠点をあらたに設置することで監視体制の強化を図る。今後は米国にも拠点を設立予定としており、日本、欧州、米国の3拠点体制とする計画。

また同社では、拠点の拡充により欧州でのセキュリティ監視サービスの提供や、同社セキュリティ関連製品の拡販を目指すほか、現地パートナー企業の開拓やマーケティング活動を推進していく。

(Security NEXT - 2016/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報保護委と経産省、GDPR対応へ向けた参考資料を公開
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」
イー・ガーディアン、HASHコンサルなど子会社3社の社名を変更 - CIも統一
プライベートのSNSアカウント、業務利用で「対策やルールがない」6割弱 - 遵守されていないケースも
FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
NEC、米国にセキュリティ監視拠点を設立 - 24時間体制の監視を提供
IIJ子会社、EUデータ保護規則視野に「BCR」の承認取得目指す
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査