Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム対策プロジェクトに13カ国の警察が参加 - 2500人が復号に成功

ランサムウェアに対抗するプロジェクト「No More Ransom」に、あらたに13カ国の警察機関が参加した。

「No More Ransom」は、ランサムウェアの脅威に対抗するため、欧州刑事警察機構、オランダ警察、Intel Security、Kaspersky Labが、連携プロジェクトとして立ち上げたもの。ウェブサイトを通じて、ランサムウェア対策の啓発活動や、復号ツールの提供を行っている。

今回あらたに、ボスニアヘルツェゴビナ、ブルガリア、コロンビア、フランス、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ポルトガル、スペイン、スイス、英国の13カ国の警察当局が同プロジェクトへ参加した。

同プロジェクトは、これまでの実績として、プロジェクトのスタートから3カ月間でランサムウェア「CoinVault」「WildFire」「Shade」向けの復号ツールにより、2500人以上がデータの復号に成功したと説明。これらランサムウェア以外の復号ツールも提供しており、100万ドル以上の支払いを防いだとする試算をまとめている。

(Security NEXT - 2016/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも