Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム対策プロジェクトに13カ国の警察が参加 - 2500人が復号に成功

ランサムウェアに対抗するプロジェクト「No More Ransom」に、あらたに13カ国の警察機関が参加した。

「No More Ransom」は、ランサムウェアの脅威に対抗するため、欧州刑事警察機構、オランダ警察、Intel Security、Kaspersky Labが、連携プロジェクトとして立ち上げたもの。ウェブサイトを通じて、ランサムウェア対策の啓発活動や、復号ツールの提供を行っている。

今回あらたに、ボスニアヘルツェゴビナ、ブルガリア、コロンビア、フランス、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ポルトガル、スペイン、スイス、英国の13カ国の警察当局が同プロジェクトへ参加した。

同プロジェクトは、これまでの実績として、プロジェクトのスタートから3カ月間でランサムウェア「CoinVault」「WildFire」「Shade」向けの復号ツールにより、2500人以上がデータの復号に成功したと説明。これらランサムウェア以外の復号ツールも提供しており、100万ドル以上の支払いを防いだとする試算をまとめている。

(Security NEXT - 2016/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を