Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けeコマースサイト構築プラグインに脆弱性 - ゼロデイ攻撃も

WordPressにおいてeコマースサイトを構築できるプラグイン「WP Marketplace」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、すでに悪用も確認されている。

脆弱性を確認したWhite Fir Designが公表したもの。ファイルがアップロード可能となる2件の脆弱性が存在し、同社を含む複数のセキュリティベンダーにおいて脆弱性の悪用が確認されているという。脆弱性を悪用されると、バックドアを設置されるおそれがある。

10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、White Fir Designでは、実証コードを公開し、利用者へ注意喚起を実施。同社の報告を受けてWordPress.orgでは、今回の問題を受けてプラグインディレクトリより同プラグインを削除している。

(Security NEXT - 2016/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JRE活用の政府機関20システムに脆弱性 - 対応が2008年にずれ込むケースも
セキュリティコードなどクレカ情報が流出の可能性 - インテリア通販
「サイボウズガルーン」にSQLiなど7件の脆弱性 - 修正版へ更新を
「Logic Pro X」がアップデート、脆弱性を修正
「MongoDB」の探索行為、国内でも増加を観測 - 「ビッグデータ」が標的に
MS、定例外の修正パッチを急遽リリース - Adobe Flash Playerの脆弱性に対処
OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を
脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも
延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS