Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けeコマースサイト構築プラグインに脆弱性 - ゼロデイ攻撃も

WordPressにおいてeコマースサイトを構築できるプラグイン「WP Marketplace」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、すでに悪用も確認されている。

脆弱性を確認したWhite Fir Designが公表したもの。ファイルがアップロード可能となる2件の脆弱性が存在し、同社を含む複数のセキュリティベンダーにおいて脆弱性の悪用が確認されているという。脆弱性を悪用されると、バックドアを設置されるおそれがある。

10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、White Fir Designでは、実証コードを公開し、利用者へ注意喚起を実施。同社の報告を受けてWordPress.orgでは、今回の問題を受けてプラグインディレクトリより同プラグインを削除している。

(Security NEXT - 2016/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2017年1Qの脆弱性届け出はソフトウェアが88件 - 情報家電やルータなど目立つ
NEC、オーストリアのコンサル会社とサイバー攻撃対策で協業
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ウェブブラウザ「Vivaldi」のWindows版インストーラに脆弱性
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
ISOG-JとOWASP Japan、ウェブアプリ脆弱性診断でガイドライン