Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けeコマースサイト構築プラグインに脆弱性 - ゼロデイ攻撃も

WordPressにおいてeコマースサイトを構築できるプラグイン「WP Marketplace」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、すでに悪用も確認されている。

脆弱性を確認したWhite Fir Designが公表したもの。ファイルがアップロード可能となる2件の脆弱性が存在し、同社を含む複数のセキュリティベンダーにおいて脆弱性の悪用が確認されているという。脆弱性を悪用されると、バックドアを設置されるおそれがある。

10月18日の時点で修正プログラムは用意されておらず、White Fir Designでは、実証コードを公開し、利用者へ注意喚起を実施。同社の報告を受けてWordPress.orgでは、今回の問題を受けてプラグインディレクトリより同プラグインを削除している。

(Security NEXT - 2016/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
NASのOS狙うマルウェアが発生か - QNAPが調査中
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ