Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、2017年版をリリース - ソフトの断捨離機能も

カスペルスキーは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの新版「カスペルスキー セキュリティ 2017」を、10月13日より発売する。アップデート支援や不要なソフトのアンインストール支援機能などをあらたに搭載した。

20161012_ka_001.jpg
記者説明会に登壇したカスペルスキー代表取締役社長の川合林太郎氏とプロダクトマーケティング部部長の田村嘉則氏

同製品は、マルチプラットフォームへ対応したセキュリティ対策ソフト。従来の「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」から名称を刷新した。

Windows版には新機能として、「ソフトウェアアップデーター」を搭載。

インストールされたソフトの更新状況をチェックし、更新を促したり自動で更新することが可能。グローバルに展開する90ほどのソフトへ対応しており、リクエストに応じて国内向けソフトなどにも対応していきたいとしている。

(Security NEXT - 2016/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止