Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館の利用者情報19万件含むPCが所在不明 - 秋田市

秋田市の市立図書館において、利用者の個人情報が保存されたノートパソコンが所在不明になっている。予約、貸出状況などの情報も含まれるという。

所在がわからなくなっているのは、中央図書館明徳館が移動図書館で利用しているノートパソコン。同館で「図書館利用カード」を作成した利用者の個人情報19万3844件が保存されていた。氏名や電話番号、生年月日、登録者番号、10月7日時点の予約、貸出状況などが含まれる。

同館では今回の問題を受け、不審な電話などがあった場合は、連絡するよう利用者に対してアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2016/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
市立図書館が個人情報含む予約カードを紛失 - 堺市
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
個人情報をウェブサイトに誤記載 - 多摩市立図書館
村上春樹氏の図書貸出履歴報道「是認できない」 - 日本図書館協会
案内メール誤送信で利用者246人のアドレス流出 - 土浦市立図書館
府営住宅入居者の個人情報含む書類が盗難 - 大阪府