Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwC、電力およびガス事業者向けにセキュリティソリューション

PwCコンサルティング、PwCサイバーサービス、およびPwCあらたは、電力とガス業界に特化したサイバーセキュリティソリューションを開発した。

同ソリューションは、電力システムへのサイバー攻撃や、新電力会社とのシステム連携およびスマートメーターシステムにおけるセキュリティ対策など、電力やガス事業者向けに提供するもの。

国内電気事業法に基づく省令と保安規定の内規の改正を踏まえたアセスメントから、戦略やロードマップの策定、制御システムのセキュリティ実装支援、擬似攻撃によるサイバー攻撃演習までトータルに提供。PwCグローバルのチームとも連携し、海外の知見や調査結果なども活用する。

(Security NEXT - 2016/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス