Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、フルタイムのSOCサービスを開始

大塚商会は、ログを相関分析し、インシデント検知時に通知する「たよれーる AdvancedSOCサービス」を11月1日より提供開始する。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンターにおいて、顧客のネットワーク機器やセキュリティ機器から収集したログをフルタイムで監視するSOCサービス。

収集したログの相関分析にはヒューレットパッカードのSIEM「ArcSight」を活用。セキュリティインシデントを検知した場合は、検知内容や対策などをメールで通知。月次レポートも提供する。

月額利用料は93万7440円から。別途初期費用が必要。同社では、3年間で10億円の販売を目指している。

(Security NEXT - 2016/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」