Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク制度とPIPA制度の相互承認プログラムが終了

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営するプライバシーマーク制度と、中国の大連ソフトウェア産業協会(DSIA)が運営する個人情報保護評価(PIPA)制度との相互承認プログラムが終了した。

20161011_ji_001.jpg
無効となった相互承認マークの例(画像:JIPDEC)

相互承認プログラムは、個人情報の取り扱いについて同一の審査水準で審査し、適合性が確認されるとして2008年6月19日にスタートしたもの。今回、大連ソフトウェア産業協会からの申し入れを受け、9月30日をもって相互承認プログラムが終了した。

今回の終了にともない、10月1日以降は相互承認マークが使用できなくなる。使用停止となったマークは、「protecting your PRIVACY」と英語表記され、登録番号が「CN:DL」で始まるプライバシーマーク。10月以降にパンフレットや名刺で使用されている場合も無効であり、注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2016/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN