Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年の標的型攻撃対策ソリューション市場は3758億円

IDC Japanは、標的型攻撃対策製品や、それら製品の導入やマネージドサービス、インシデント対応サービスなどの市場動向について取りまとめた。

20160920_ij_001.jpg
特化型脅威対策製品市場の市場予測(グラフ:IDC Japan)

同社では、サンドボックスやコンテナ化、コードエミュレーション、ビッグデータ分析など定義ファイルに依存しない脅威対策製品を「特化型脅威対策製品」として分類。

これら製品に関するシステム構築サービスやマネージドセキュリティサービス、標的型攻撃への対応をうたうインシデント対策のコンサルティングサービス、教育サービスなどを「標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス」とした上で、こららで構成される「標的型サイバー攻撃向け対策ソリューション市場」を定義。各市場における2015年の規模と、2020年までの成長予測を取りまとめた。

2015年の国内における標的型攻撃対策ソリューションの市場規模は3758億円。内訳を見ると、特化型脅威対策製品市場は、前年比77.9%増の高い成長率を記録して92億円となった。2020年までの年間平均成長率を22.1%とし、2020年の市場規模を251億円と予測している。

一方、2015年におけるセキュリティサービスの市場規模は、前年比7.6%増となる3666億円。セキュリティシステムの構築サービスや、専門エンジニアによるシステム運用への需要が拡大しているという。

今後は機械学習などAIを活用したマネージドセキュリティサービスが拡大すると分析。2020年までの年間平均成長率を7.6%と予想し、2020年の市場規模を5290億円と見込んでいる。

(Security NEXT - 2016/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
標的型攻撃メール、添付は圧縮ファイルが9割 - 「.js」増加、実行ファイルも引き続き注意を
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
標的型攻撃メールが約6分の1に - 正規証明書でコード署名されていたケースも