Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、「Traps」を機能強化 - 静的解析機能や隔離機能を追加

パロアルトネットワークスは、同社のエンドポイント向けセキュリティソリューション「Traps」の新版を提供開始した。

同製品は、メモリの保護やコード実行の防止といったエクスプロイト対策機能や、WildFireによる解析および実行制御といったマルウェア対策機能を備えたエンドポイント向けソリューション。

新版では、機械学習による静的解析機能を追加。ファイルにおける数百種類の特性を検証し、マルウェアを検出するほか、同社のクラウドソリューションであるWildFireの情報による育成が可能となっている。また、マルウェアの隔離機能や、コード署名の判定機能を追加している。

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、Carbon Blackの買収で合意
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
Palo AltoのVPN機能旧版にRCEの脆弱性 - バージョンの確認を
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
【特別企画】EDRでも把握できない「異常」を可視化するソリューションを検証
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
エンドポイント管理製品「Quest KACE K1000」に複数脆弱性
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き