Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、「Traps」を機能強化 - 静的解析機能や隔離機能を追加

パロアルトネットワークスは、同社のエンドポイント向けセキュリティソリューション「Traps」の新版を提供開始した。

同製品は、メモリの保護やコード実行の防止といったエクスプロイト対策機能や、WildFireによる解析および実行制御といったマルウェア対策機能を備えたエンドポイント向けソリューション。

新版では、機械学習による静的解析機能を追加。ファイルにおける数百種類の特性を検証し、マルウェアを検出するほか、同社のクラウドソリューションであるWildFireの情報による育成が可能となっている。また、マルウェアの隔離機能や、コード署名の判定機能を追加している。

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神