Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーバー、国内に脅威調査チーム「ASERT Japan」を設置

アーバーネットワークスは、調査チーム「ASERT Japan」を日本国内に設置した。国内に特化した脅威動向なども調査を行うという。

20160906_an_001.jpg
記者説明会に登壇したBuhl氏(画面左)と名和氏(同右)

同社は、ネットワークにおける脅威動向やマルウェアなどを調査する「ASERT(Arbor Security Engineering & Response Team)」を運用。これまでにも公的機関や他ベンダー、研究機関などと情報を共有しているが、国内チームの設置により、日本特有の脅威動向について調査能力の強化を図るとしている。

米国以外に「ASERT」を設置するのは、日本がはじめてで、名誉アドバイザーには、サイバーディフェンス研究所の名和利男氏が就任した。記者説明会に登壇したアジア太平洋地域統括副社長のJeff Buhl氏によれば、日米あわせて数十人体制での運用となるとしているが、国内チームの規模については明言を避けている。

(Security NEXT - 2016/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム