Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーバー、国内に脅威調査チーム「ASERT Japan」を設置

アーバーネットワークスは、調査チーム「ASERT Japan」を日本国内に設置した。国内に特化した脅威動向なども調査を行うという。

20160906_an_001.jpg
記者説明会に登壇したBuhl氏(画面左)と名和氏(同右)

同社は、ネットワークにおける脅威動向やマルウェアなどを調査する「ASERT(Arbor Security Engineering & Response Team)」を運用。これまでにも公的機関や他ベンダー、研究機関などと情報を共有しているが、国内チームの設置により、日本特有の脅威動向について調査能力の強化を図るとしている。

米国以外に「ASERT」を設置するのは、日本がはじめてで、名誉アドバイザーには、サイバーディフェンス研究所の名和利男氏が就任した。記者説明会に登壇したアジア太平洋地域統括副社長のJeff Buhl氏によれば、日米あわせて数十人体制での運用となるとしているが、国内チームの規模については明言を避けている。

(Security NEXT - 2016/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
紛失盗難PCのネット転売を監視するサービス - クロスワープ
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ