Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヨドバシカメラに大量の不正通信 - 関連12サイトに影響

ヨドバシカメラにおいて、9月2日に同社やグループ会社のウェブサイトへ断続的に接続できない状況が発生した。大量のデータを送り付けられたもので、すでに復旧している。

同社によれば、9月2日12時ごろから、大量のデータ送信が行われ、ウェブサイトを閲覧できないなど影響が出たほか、問い合わせのメールについても一部送受信できない状態が発生した。

同社によれば、「ヨドバシ・ドット・コム」をはじめ、「モバイルヨドバシ」「ゴールドポイントマーケティング」「ヨドバシAKIBAサイト」「ヨドバシ梅田サイト」「ヨドバシ吉祥寺サイト」「京都ヨドバシサイト」「ヨドバシ横浜サイト」「ヨドバシ博多サイト」「電子書籍Doly」「ヨドバシショッピングアプリ」「ゴールドポイントカードアプリ」の12サイトに影響があったという。

(Security NEXT - 2016/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
2月21日ごろより「memcached」狙うアクセスが増加 - 悪用報告も
「memcached」を踏み台とする反射型DDoS攻撃、500Gbps以上のケースも
ライムライト、DDoS対策サービスを強化