Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産業労働センターでメール誤送信、受信者の指摘で判明 - 愛知県

愛知県産業労働センターでメールの誤送信が発生し、受信者間にメールアドレスが流出したことがわかった。

愛知県によると、8月21日に同センターの指定管理者であるアイラック愛知から、会議室の利用者に対して前日20日に送信されたメールに関し、メールアドレスが閲覧できる状態であるとの指摘が受信者からあり、問題が明らかとなったもの。

マニュアルではBCCを利用するよう指定されていたが、誤って宛先にメールアドレスを入力していたもの。指摘を受けてこれまで送信したメールについて調査したところ、7月23日に5通で18件、同月30日に3通で10件、8月20日に7通で30件と、あわせて15通で58件のメールアドレスが流出していたことが判明したという。

対象となる会議室利用者には、アイラック愛知がメールと電話で謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2016/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツアーの案内メールで誤送信、顧客から指摘で判明 - アルピコ交通
投資家向けメールを誤送信、メアド流出 - 旭硝子
支援学校で緊急連絡メールを誤送信 - 大阪
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪信用保証協会
イベント案内メール誤送信で学生のメアド流出 - 京都教育大生協
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 東北大病院
メールを誤送信、意見調査対象の事業者間でメアドが流出 - 大阪市
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - ライフ
施設の利用登録者宛てメールで誤送信 - 福祉事業者
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社