Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSAの「情報セキュリティ理解度チェック」の利用者が10万人を突破

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「情報セキュリティ理解度チェック」の利用者が10万人を突破したことを記念し、有償アカウントを20社限定で無償にて提供するキャンペーンを実施する。

「情報セキュリティ理解度チェック」は、従業員や職員が受講し、セキュリティに関するクイズへ回答することで、組織におけるセキュリティのレベルや、他社との比較を行うことができるサイト。無償で利用できる「スタンダード版」にくわえ、問題の追加に対応し、管理者機能を強化した有償の「プレミアム版」を提供している。

今回同サービスの受講者が10万人を突破し、さらなる利用促進を図るため、同協会では2016年末まで利用できる有償のプレミアム版アカウントを20社に提供する。応募条件などは同協会サイトから。

(Security NEXT - 2016/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録