Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSAの「情報セキュリティ理解度チェック」の利用者が10万人を突破

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「情報セキュリティ理解度チェック」の利用者が10万人を突破したことを記念し、有償アカウントを20社限定で無償にて提供するキャンペーンを実施する。

「情報セキュリティ理解度チェック」は、従業員や職員が受講し、セキュリティに関するクイズへ回答することで、組織におけるセキュリティのレベルや、他社との比較を行うことができるサイト。無償で利用できる「スタンダード版」にくわえ、問題の追加に対応し、管理者機能を強化した有償の「プレミアム版」を提供している。

今回同サービスの受講者が10万人を突破し、さらなる利用促進を図るため、同協会では2016年末まで利用できる有償のプレミアム版アカウントを20社に提供する。応募条件などは同協会サイトから。

(Security NEXT - 2016/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
IoTセキュリティがテーマのセミナーイベントを開催 - JNSA
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調