Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数金融機関の利用者狙うフィッシング - 「貴様のアカウント」など不自然な言い回しも

複数金融機関のオンラインバンキング利用者を狙ったフィッシング攻撃が展開されている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

「ジャパンネット銀行」や「福岡銀行」を装い、アカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が相次いで確認されたもの。

確認されたフィッシングメールは、いずれも「重要なお知らせ(2016年8月18日更新)」「メールアドレスの確認」「銀行本人認証サービス」とまったく同一の件名で送信されており、メールのデザインや文言も同一だった。

メールの本文は、セキュリティのアップデートを理由に、アカウントの利用中止をちらつかせ、不安を煽って偽サイトへ誘導する内容だが、「貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります」などと不自然な言い回しも用いられており、日本語を母国語としない攻撃者が作成したと見られる。

またHTMLメールにより、誘導先のURLを偽装しており、サブドメインに実際に銀行のドメインの文字列を組み込んでいた。

いずれも今回のケースでは誘導先のフィッシングサイトは停止していることが確認されているが、フィッシング対策協議会では類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

20160819_ap_001.jpg
福岡銀行を装ったフィッシングメール(画像:フィ対協)

(Security NEXT - 2016/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃
「ポイント付与」口実にカード利用者を誘い込む偽サイト
「静岡からアクセスあった」とだます偽Appleに注意
「MUFGカード」利用者を狙うフィッシング - 複数の文面用いて攻撃
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生