Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヘルプデスク向けソフトウェア「ReadyDesk」に複数の脆弱性

ヘルプデスク向けソフトウェア「ReadyDesk」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同ソフトには、データベースを操作できるSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2016-5048」をはじめ、ディレクトリトラバーサル「CVE-2016-5049」などの脆弱性が存在。

またSQLサーバの認証情報を暗号化する際の暗号鍵がハードコードされている問題「CVE-2016-5683」や、ファイルタイプに関係なくアップロードが行える脆弱性「CVE-2016-5050」が明らかになったという。

いずれも「同9.1」において脆弱性が判明しており、他バージョンも影響を受ける可能性があるという。また7月中旬にクリティカルセキュリティアップデートとして「同9.2」がリリースされているが、これらが解決されているかは不明であり、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ