Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、米Carbon Black製エンドポイント対策ソリューションを取扱開始

20160809_nv_001.jpg

ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は、米Carbon Blackのエンドポイント対策製品を発売した。

Carbon Blackと国内販売代理店契約を締結し、取り扱いを開始したもの。「Carbon Black Enterprise Protection」は、エージェント型のエンドポイント保護ソリューション。

エンドポイントにおける振る舞いを継続的に記録、一元的に保管し、攻撃者の行動を追跡することが可能。インシデント発生時には攻撃の全体像を把握できるるほか、リモート作業ツールを提供する。

また一般的なアプリケーションの脅威レーティングを保有するほか、信頼するアプリケーションをホワイトリストとして管理、制御し、コンプライアンスを維持することができる。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用