Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、米Carbon Black製エンドポイント対策ソリューションを取扱開始

20160809_nv_001.jpg

ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は、米Carbon Blackのエンドポイント対策製品を発売した。

Carbon Blackと国内販売代理店契約を締結し、取り扱いを開始したもの。「Carbon Black Enterprise Protection」は、エージェント型のエンドポイント保護ソリューション。

エンドポイントにおける振る舞いを継続的に記録、一元的に保管し、攻撃者の行動を追跡することが可能。インシデント発生時には攻撃の全体像を把握できるるほか、リモート作業ツールを提供する。

また一般的なアプリケーションの脅威レーティングを保有するほか、信頼するアプリケーションをホワイトリストとして管理、制御し、コンプライアンスを維持することができる。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に