Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHNテコラス、ウェブアプリの脆弱性診断サービスを開始

NHNテコラスは、ツールと手動によりウェブサイトの診断を行う「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、「OWASP TOP 10」や「CWE/SANS TOP 25」などに対応したウェブアプリケーション向けの脆弱性診断サービス。自動スキャンツールと手動を組み合わせて診断を実施する。

診断結果で発見された脆弱性については、緊急度を示すほか、脆弱性から想定される「攻撃手法」や「被害」のほか、具体的な対策について提案する。

価格は、診断方法が自動メインの「Liteプラン」が21万6000円から。診断方法が手動中心の「Standardプラン」が75万6000円から。価格を抑えた再診断チケットや、OSやミドルウェア、ネットワークなども診断する「Advancedプラン」も用意している。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業