Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NHNテコラス、ウェブアプリの脆弱性診断サービスを開始

NHNテコラスは、ツールと手動によりウェブサイトの診断を行う「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、「OWASP TOP 10」や「CWE/SANS TOP 25」などに対応したウェブアプリケーション向けの脆弱性診断サービス。自動スキャンツールと手動を組み合わせて診断を実施する。

診断結果で発見された脆弱性については、緊急度を示すほか、脆弱性から想定される「攻撃手法」や「被害」のほか、具体的な対策について提案する。

価格は、診断方法が自動メインの「Liteプラン」が21万6000円から。診断方法が手動中心の「Standardプラン」が75万6000円から。価格を抑えた再診断チケットや、OSやミドルウェア、ネットワークなども診断する「Advancedプラン」も用意している。

(Security NEXT - 2016/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
ブラックライトで発色する「見えないスタンプ」 - 迷惑行為抑止でテスト販売
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応