Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleかたるフィッシング攻撃、マルチリンガルで展開

「Apple ID」のアカウント情報を狙ったフィッシングメールが確認された。フィッシングサイトは8月4日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20160804_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト

今回確認されたのは、Appleのサポートを装ったフィッシング攻撃。「Your Account Will Be Locked」「Your Apple ID has been locked!」といった件名で送信されていた。

メールの本文は、日本語および英語のバージョンが確認されており、いずれもアカウント情報の一部が誤っていると説明。記載のURLにアクセスしてログインしてアカウントを確認するよう促し、24時間以内に対応しないとアカウントを停止するなどと不安を煽る内容だった。誘導先の偽サイトも日本語および英語で用意されていたという。

フィッシングサイトは4日12時の時点で稼働中であり、同協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。誤ってURLにアクセスしたり、IDとパスワードを入力しないよう注意を喚起した。

「アカウントロック」を口実に不安を煽る手口は、今回がはじめてではなく、これまでもたびたび確認されている。5月に日本で展開された攻撃では、今回同様日本語を用いたメールで偽サイトへ誘導していた。

また7月下旬には米国のユーザーを対象としたフィッシング攻撃が複数回発生。同攻撃ではSMSが利用されたが、フィッシングメールの文面が転用されたものと見られている。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか