Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに個人情報誤記載、調査で判明 - 佐賀県

佐賀県は、同県のウェブサイト上に個人情報を誤って掲載していたことを明らかにした。6月の問題が発覚したことを受けて調査を行ったところ、あらたに判明したという。

同県の健康福祉部において、個人情報22件をウェブサイト上で誤って公開していたもの。6月に同部で同様の誤掲載が判明しており、全庁で個人情報の取り扱い状況について調査を実施したところ、あらたに判明したという。

指定機関の一覧を県のウェブサイトに公開していたところ、2015年4月より指定機関の一覧において、個人の住所22件が閲覧できる状態になっていた。

同年3月まで表計算ソフトの保護機能を用いて外部から閲覧できないよう設定し、パスワードを設定していたが、担当者の引き継ぎに不備があり、4月からパスワードを設定しない状態で公開されていたという。

同県では誤記載された情報を削除するとともに、対象となる関係者に謝罪の書面を送付するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
クイズ当選者の個人情報含むPCを紛失 - 産経新聞