Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに個人情報誤記載、調査で判明 - 佐賀県

佐賀県は、同県のウェブサイト上に個人情報を誤って掲載していたことを明らかにした。6月の問題が発覚したことを受けて調査を行ったところ、あらたに判明したという。

同県の健康福祉部において、個人情報22件をウェブサイト上で誤って公開していたもの。6月に同部で同様の誤掲載が判明しており、全庁で個人情報の取り扱い状況について調査を実施したところ、あらたに判明したという。

指定機関の一覧を県のウェブサイトに公開していたところ、2015年4月より指定機関の一覧において、個人の住所22件が閲覧できる状態になっていた。

同年3月まで表計算ソフトの保護機能を用いて外部から閲覧できないよう設定し、パスワードを設定していたが、担当者の引き継ぎに不備があり、4月からパスワードを設定しない状態で公開されていたという。

同県では誤記載された情報を削除するとともに、対象となる関係者に謝罪の書面を送付するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託
調査事業で企業回答内容をサイト上で誤公開 - 経産省
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
ふるさと納税者の個人情報を同意なしで公開 - 大空町
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府