Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと日立ソ、マルウェア感染端末を遮断するソリューション

トレンドマイクロと日立ソリューションズは、ネットワーク監視とデバイス制御製品の連携ソリューションを8月31日より提供する。

同ソリューションは、ネットワークのゲートウェイや内部の不正な通信を監視するトレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」と、感染端末の通信を自動的に遮断する日立ソリューションズの「秘文 Device Control」を組み合わせたもので、両社は、マルウェアの感染対策として展開していくという。

感染端末は、通信遮断後も遠隔操作により状況確認や遮断解除などにも対応。利用には、「Deep Discovery Inspector」「秘文 Server」「秘文Device Control」のほか、「Syslog」サーバを用意する必要がある。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで