Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと日立ソ、マルウェア感染端末を遮断するソリューション

トレンドマイクロと日立ソリューションズは、ネットワーク監視とデバイス制御製品の連携ソリューションを8月31日より提供する。

同ソリューションは、ネットワークのゲートウェイや内部の不正な通信を監視するトレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」と、感染端末の通信を自動的に遮断する日立ソリューションズの「秘文 Device Control」を組み合わせたもので、両社は、マルウェアの感染対策として展開していくという。

感染端末は、通信遮断後も遠隔操作により状況確認や遮断解除などにも対応。利用には、「Deep Discovery Inspector」「秘文 Server」「秘文Device Control」のほか、「Syslog」サーバを用意する必要がある。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート