Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしで個人情報含むPCなどが被害 - 筑波大

筑波大学は、教員が車上荒らし被害に遭い、個人情報や企業情報、7機関の情報が保存されたノートパソコンなどが盗まれたことを明らかにした。

同大のシステム情報系に所属の教員が、7月6日に帰宅途中、車上荒らしに遭い、鞄が持ち去られたもの。被害に遭った鞄のなかには、同大が保有する関係者の個人情報2562件をはじめ、企業32社、および7機関の情報を保存したノートパソコンのほか、期末試験の答案用紙などが入っていた。

盗難の発覚後、警察へ被害を届けた。盗難に起因した個人情報の外部流出や、不正利用については確認されていないという。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
職員採用説明会の案内メールを編集中に誤送信 - 北陸先端大