Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pokémon GO」のパチモンに注意 - 国内配信開始となった正規版の入手を

スマートフォン向け人気ゲーム「Pokémon GO」が人気を博しており、日本向けにも配信が開始されたが、未配信国などを狙った非正規アプリが、すでに40件以上に及んでいることがトレンドマイクロの調査で判明した。

同社クラウド基盤による観測では、正規アプリ以外で「Pokémon GO」をかたるアプリは、43件に上っており、そのうち19件については、本来要求されないデバイスの管理者権限を求められるなど、不正な動作を行うよう改造されていたという。

いずれも「Google Play」以外で流通しており、誤ってインストールすると、遠隔操作が行われたり、他不正アプリのインストール、不正に広告を表示するなど、被害に遭うおそれがある。偽アプリ以外にも、オフィシャルサイトに見せかけて誘引する偽サイトなども出回っており、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生