Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全に「Pokémon GO」を楽しむ9つのポイント - 自宅特定リスクなどトラブル回避を

海外で先立って公開され、話題を呼んでいるモバイルゲーム 「Pokémon GO( 「ポケモンGO」)」。利用可能となった地域で一部トラブルも生じていることから、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が注意喚起を行った。

同センターが、「ポケモントレーナーのみんなへのおねがい」と題した文書を公開したもの。プレイ時におけるセキュリティ上の問題から、体調不良やケガ、犯罪まで、想定されるトラブルを防止する方法をシンプルに解説している。

20160721_ni_001.jpg
同文書の一部(画像:NISC)

具体的には、プレイヤーを特定されないようゲーム登録時に「本名」の利用を避けたり、自宅などを特定されるおそれがあるとして、写真をSNSなどへ投稿する際に、背景から場所を特定できる写真やGPS情報が含まれる写真を避けるよう注意を促している。

また「偽アプリ」や「チートツール」に見せかけたマルウェアなどへの警戒を呼びかけた。

さらにセキュリティ上の問題にくわえ、「歩きスマホ」の危険性に言及。「危険な場所には立ち入らない」「熱中症を警戒しよう」など、ケガや体調管理などへ注意を求めている。

そのほか、「お天気アプリは必ず入れよう」「予備の電池を持とう」「予備の連絡手段を準備しよう」「会おうという人を警戒しよう」など、文書ではあわせて9項目を紹介。同PDFは同センターのウェブサイトより入手できる。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗