Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ白書2016」を発売 - 8月に電子書籍版も

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2016」を7月15日に発行する。電子書籍版は、8月8日にリリースする予定。

同書は、組織のシステム開発者や運用者を対象に、セキュリティインシデントの事例や攻撃の手口、関連政策や法整備の現状などを解説。また一般ユーザーに対しては、セキュリティ脅威に対する認識を促す情報も提供している。

2016年版では、2015年度に生じたインシデントなどを踏まえつつ、情報セキュリティの概況を紹介。個別テーマとして「SSL/TLS」のほか、自動車や制御システム、IoT、スマートデバイスのセキュリティについて取り上げた。

価格は、書籍版が2160円。電子書籍版が1728円。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
「情報セキュリティ白書2015」が登場 - IoTや標的型攻撃の話題も
【書籍】IPA、「情報セキュリティ白書2014」を発行 - 電子版もリリース予定
【書籍】インシデント状況や攻撃手口などを解説した「情報セキュリティ白書2013」
標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」
スマホやクラウドの課題も収録した「情報セキュリティ白書2011」
IPA、「情報セキュリティ白書2010」を発刊 - 個別テーマ充実、10大脅威も収録