Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、製品サービスの仕様策定や出荷テストで利用できるチェックリスト

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、ソフトウェアやサービスのセキュリティ品質を確保するための要件を取りまとめ、「ソフトウェア出荷判定セキュリティ基準チェックリスト」として公開した。

同チェックリストは、同協会の会員企業におけるセキュリティや品質保証の担当者が取りまとめたもの。ソフトウェアやサービスの企画から要件定義、設計、運用、支援などの開発ライフサイクルにおいて、セキュリティを確保するために配慮する必要がある管理対象項目と管理手法を定義。48項目のチェックリストにまとめた。

開発現場において仕様策定や、出荷テスト時の評価項目として、社内のエンジニアはもちろん、企画担当者や品質管理担当者などがセキュリティの品質管理に利用できる。

チェックリストは、クリエイティブコモンズライセンス基づいて公開されており、リストの改変や商用利用にも対応。同協会のウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
Windowsタスクスケジューラの脆弱性、PoCは一部環境のみ動作 - コード修正で広く影響
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに