Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JQAと日立、制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及を促進

日本品質保証機構(JQA)と日立製作所は、重要インフラの制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及に向けた取り組みを、共同で促進することで合意した。

今回の合意により両者では、国際標準である「IEC 62443-2-1」に規定されている制御システム向けセキュリティマネジメントシステム「CSMS(Cyber Security Management System)」に基づいたセキュリティ対策の普及に向けて、広報や展示会、セミナーをはじめとする周知活動を展開。

また日立では、重要インフラ事業者向けのソリューション展開にくわえ、「CSMS構築支援サービス」の提供を開始する。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「Drupal」にXSS脆弱性、アップデートが公開 - 「同8.5.x」はEOLにも注意を
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース