Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JQAと日立、制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及を促進

日本品質保証機構(JQA)と日立製作所は、重要インフラの制御システム向けセキュリティマネジメントシステムの普及に向けた取り組みを、共同で促進することで合意した。

今回の合意により両者では、国際標準である「IEC 62443-2-1」に規定されている制御システム向けセキュリティマネジメントシステム「CSMS(Cyber Security Management System)」に基づいたセキュリティ対策の普及に向けて、広報や展示会、セミナーをはじめとする周知活動を展開。

また日立では、重要インフラ事業者向けのソリューション展開にくわえ、「CSMS構築支援サービス」の提供を開始する。

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal」に「Drupalgeddon 2.0」とは別の脆弱性、更新が公開 - 早くも悪用を観測
Drupal、悪用リスク高い脆弱性を再度修正予定
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から