Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「緊急」6件含む月例パッチ11件を公開 - 悪用は未確認

日本マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新11件を公開した。「Adobe Flash Player」の脆弱性や重複を除くと、CVEベースで40件の脆弱性を修正している。

20160713_ms_002.jpg
7月の月例更新は11件(表:MS)

今回の更新で最大深刻度「緊急」とされるものは6件。「Internet Explorer」の脆弱性14件や、「Microsoft Edge」の脆弱性13件へそれぞれ「MS16-084」「MS16-085」で対応。「MS16-086」にて「JScript、VBScript」に関する1件の脆弱性を解消した。

また「Windows印刷スプーラーコンポーネント」において、マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)を受けるおそれがある脆弱性を「MS16-087」で修正したほか、「Office」の脆弱性を「MS16-088」にて解決している。さらに「Adobe Flash Player」の脆弱性に関しては「MS16-093」で対処した。

のこる5件の更新は、いずれも深刻度「重要」。「MS16-089」では、「保護カーネルモード」の問題へ対処したほか、「セキュアブート」「カーネル」「カーネルモードドライバ」「.NET Framework」などの脆弱性へ対応した。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

MS16-084:Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3204
CVE-2016-3240
CVE-2016-3241
CVE-2016-3242
CVE-2016-3243
CVE-2016-3245
CVE-2016-3248
CVE-2016-3259
CVE-2016-3260
CVE-2016-3261
CVE-2016-3273
CVE-2016-3274
CVE-2016-3276
CVE-2016-3277

MS16-085:Microsoft Edge用の累積的なセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3244
CVE-2016-3246
CVE-2016-3248
CVE-2016-3259
CVE-2016-3260
CVE-2016-3264
CVE-2016-3265
CVE-2016-3269
CVE-2016-3271
CVE-2016-3273
CVE-2016-3274
CVE-2016-3276
CVE-2016-3277

MS16-086:JScriptおよびVBScript用の累積的なセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3204

MS16-087:Microsoft印刷スプーラー用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3238
CVE-2016-3239

MS16-088:Microsoft Office用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3278
CVE-2016-3279
CVE-2016-3280
CVE-2016-3281
CVE-2016-3282
CVE-2016-3283
CVE-2016-3284

MS16-089:Windows保護カーネルモード用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3256

MS16-090:Windowsカーネルモードドライバー用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3249
CVE-2016-3250
CVE-2016-3251
CVE-2016-3252
CVE-2016-3254
CVE-2016-3286

MS16-091:.NET Framework用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3255

MS16-092:Windowsカーネル用のセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3258
CVE-2016-3272

MS16-093:Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラム

APSB16-25

MS16-094:セキュアブートのセキュリティ更新プログラム

CVE-2016-3287

(Security NEXT - 2016/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降