Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、Checkmarx製脆弱性解析ツールの提供を開始

東陽テクニカは、イスラエルのCheckmarxと日本国内販売における総代理店契約を締結し、脆弱性解析ツール「Checkmarx Cx SAST」を7月15日より提供開始する。

同製品は、ソースコードに存在する脆弱性を検出できる脆弱性解析ツール。18のプログラミング言語、スクリプト言語、フレームワークに対応している。

コンパイル前のコードを静的に解析することが可能で、ソースコードに含まれる脆弱性を特定し、修正部分や修正するためのアドバイスを表示できる。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能