Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パブリッククラウドへの接続、約6割がインターネットを中心に活用

パブリッククラウドへ接続する際、約6割の企業がインターネットを中心に利用していることがわかった。

IDC Japanが、国内におけるネットワークサービス、データセンターサービス、マネージドサービス、モビリティ関連サービスなどに関する企業の利用動向を調査、取りまとめたもの。国内913の企業から回答を得た。

今回の調査で、「WAN」を構築している企業において、セキュリティやガバナンスの向上、トラフィック容量の拡大、ネットワークパフォーマンスの向上などを理由に、66.9%がクラウド導入にともない、「WAN」の見直しを実施していることがわかった。

パブリッククラウドと企業拠点の接続に関しては、60.3%が「インターネットを多く利用する」と回答。「閉域網を多く利用する(18%)」「拠点、サービスなどによって使い分ける(18%)」を上回った。

またモビリティやソーシャル、ビッグデータ、クラウドなどの分野で協業するITベンダーに求める能力を尋ねたところ、「セキュリティ設計、導入の高度な能力」「プラットフォームの構築技術」「複雑なシステムをインテグレーションする能力」が上位を占めたという。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究