Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastが13億ドルでAVGを買収、ユーザー数が4億に拡大

Avast Softwareが、AVG Technologiesを買収することがわかった。いずれもチェコ共和国出身のフリーミアムモデルを採用するセキュリティベンダーで、買収後にエンドポイントの合計は4億台にのぼるという。

Avast Softwareは、AVGの全株式を1株あたり25ドルで取得。取引総額は約13億ドルの規模となる。すでに両者の取締役会では承認されており、AVGの株主に対して承認の申し入れを行っている。

今回の買収により、展開地域や技術などそれぞれを相互に補完。合併後のエンドポイントは、合計4億台以上としており、これらをマルウェアの情報を取得するためのセンサーとして活用。あらたな脅威の検出に利用するなどスケールを活かしたビジネスを展開していくとしている。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
6割「ネットでの完全なプライバシーの確保は不可能」
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
サイバー防衛テーマのシンポジウムが熱海で開催