Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastが13億ドルでAVGを買収、ユーザー数が4億に拡大

Avast Softwareが、AVG Technologiesを買収することがわかった。いずれもチェコ共和国出身のフリーミアムモデルを採用するセキュリティベンダーで、買収後にエンドポイントの合計は4億台にのぼるという。

Avast Softwareは、AVGの全株式を1株あたり25ドルで取得。取引総額は約13億ドルの規模となる。すでに両者の取締役会では承認されており、AVGの株主に対して承認の申し入れを行っている。

今回の買収により、展開地域や技術などそれぞれを相互に補完。合併後のエンドポイントは、合計4億台以上としており、これらをマルウェアの情報を取得するためのセンサーとして活用。あらたな脅威の検出に利用するなどスケールを活かしたビジネスを展開していくとしている。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も