Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastが13億ドルでAVGを買収、ユーザー数が4億に拡大

Avast Softwareが、AVG Technologiesを買収することがわかった。いずれもチェコ共和国出身のフリーミアムモデルを採用するセキュリティベンダーで、買収後にエンドポイントの合計は4億台にのぼるという。

Avast Softwareは、AVGの全株式を1株あたり25ドルで取得。取引総額は約13億ドルの規模となる。すでに両者の取締役会では承認されており、AVGの株主に対して承認の申し入れを行っている。

今回の買収により、展開地域や技術などそれぞれを相互に補完。合併後のエンドポイントは、合計4億台以上としており、これらをマルウェアの情報を取得するためのセンサーとして活用。あらたな脅威の検出に利用するなどスケールを活かしたビジネスを展開していくとしている。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声