Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、小学生と保護者を対象にした夏休みセキュリティ教室

トレンドマイクロは、小学校4年生から6年生の児童とその保護者を対象とした夏休みセキュリティ教室を、全国5カ所で開催する。

同イベントは、子どもの安全なインターネット利用を支援する取り組み。最近のサイバー犯罪の手口を解説するほか、パスワード解読ゲームやエコバッグ作り体験など子ども向けのイベントを行う。

保護者に対しては、「子どもに安全なインターネット利用を学んでもらうために、保護者ができることとは?(仮称)」をテーマにした意見交換の場を提供する。

8月8日の広島会場を皮切りに、大阪、東京、福岡、名古屋の全国5カ所で開催。参加費用は無料で、定員は各会場20組40人。応募者多数の場合は抽選となる。事前申し込みが必要で、申込方法は開催会場によって異なる。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
子育て支援事業の参加者名簿を紛失 - 藤沢市
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
社外協力者の個人情報が流出した可能性、関連情報がネット上に - ユニクロ
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
小学生に個人情報教育の出前授業 - 個人情報保護委
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県