Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年元日に「うるう秒」を挿入 - 1秒長い日に

2017年1月1日に「うるう秒」の調整が行われる。同日に1秒を挿入する予定だ。

うるう秒の挿入は、国際機関の「国際地球回転・基準系事業(IERS)」による決定を受けたもので、世界で一斉に実施される。2015年7月以来、1年6カ月ぶりの実施となる。

日本標準時に関しては、情報通信研究機構(NICT)が、同日8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入。NTPや標準電波、放送局にて「うるう秒」挿入後の正しい日本標準時を通知するとしている。また同機構では、11月ごろを目処に説明会を開催する予定。

(Security NEXT - 2016/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も
6時間以上継続するDDoS攻撃が発生 - 「memcached」利用の攻撃も
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消
「ntpd」に10件の脆弱性 - アップデートがリリース
「ntpd」に5件の脆弱性、サービス拒否のおそれ
2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件
「ntp」脆弱性の実証コードが公開、単一パケットでサービス停止
10件の脆弱性を解消した「ntp 4.2.8p9」が公開
2016年3QのDDoS攻撃、前四半期比71%増 - 100Gbps超は19件