Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧「Eye-Fi」製品がサポート終了 - 脆弱性を理由に

Eyefiは、画像のアップロード機能を備えたメモリカード「Eye-Fi Pro X2」、および以前の製品について、サポートを終了することをアナウンスした。

同製品は、無線LANの接続機能を備えたSDカード。デジタルカメラなどよりWi-Fiを通じて端末やインターネット上へ画像を転送することができる。

同社はユーザー宛に送ったメールにおいて、2015年半ばより対象製品の「サポート終了」手続きを準備してきたとし、7月6日にサポートを終了。対象製品の関連する主要サービスの一部についても、9月16日に停止する方針を示し、製品の使用を中止するよう呼びかけた。2013年以降に販売した「Mobi」「Mobi Pro」などは影響を受けないとしている。

同社は、「製品を投入した2007年当時、セキュリティや認証など最先端の技術を採用したが、一部が時代遅れとなりつつあり、脆弱性を露呈するようになった」と説明、ユーザーへ理解を求めた。

「Eyefiプレミアムアカウント」の購入者には、無料の移行サービスを提供しており、今後も「Eyefi Cloud」へ移行するサービスを継続するととしている。

同社がアナウンスしたサポート終了の対象製品は以下のとおり、

オリジナルpre-X2の全製品
4GB Geo X2
4GB Connect X2
8GB Explore X2
8GB Mobile X2
8GB Pro X2
16GB Pro X2
Visioneer X2
Sandisk X2
Eye-Fi Windows デスクトップソフトウェア(Eye-Fi センター)
Eye-Fi Mac デスクトップソフトウェア(Eye-Fi センター)
iOSのEye-Fi アプリ
AndroidのEye-Fi アプリ
Eye-Fi センターウェブアプリ(center.eye.fi)

(Security NEXT - 2016/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず